国立研究開発法人 国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター

肝移植相談窓口

2018年8月13日

肝移植を検討されている医療者の皆様へ

肝移植相談窓口

本邦では1980年代に発生したいわゆる「薬害エイズ」の患者の大半が、HIVのみならずHCVにも重複感染していることが知られており、厚生労働科学研究 エイズ対策研究事業にて指定研究班「血液製剤によるHIV/HCV重複感染患者の肝移植に関する研究」(江口班)を継続しています。また、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター(ACC)救済医療室内に肝移植相談窓口を設置し、医療関係者からの肝移植に関するご相談など受け付けています。

肝移植相談窓口:lt-project@umin.org
(クリックするとメールアプリが起動します)

上記は医療者専用の窓口で、実務は長崎大学の江口先生にご対応いただいております。
薬害HIV/HCV重複感染患者で、肝移植についての情報、評価などをご希望の際には医療情報と共にご一報ください。基本的にメールでのご相談を承ります。

厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業「血液製剤によるHIV/HCV重複感染患者の肝移植に関する研究」(江口班)については下記リンク先からご確認ください。

外部サイトにリンクします