国立研究開発法人 国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター

薬害エイズ裁判 和解24周年記念集会 開催のご案内

2020年1月23日

薬害エイズ裁判和解記念集会の開催をご案内いたします。

エイズ治療・研究開発センター(ACC)は、薬害エイズ裁判の和解による恒久対策として、1997年4月に国立国際医療研究センター内に設置されました。
2011年7月には救済医療室が発足し、同年9月にHIV感染血友病等患者を対象にした血友病包括外来を開設、以降血友病治療班(ACC・整形外科・リハビリテーション科)、肝治療班(ACC・血液内科・消化器内科)や精神科と連携したチーム医療による包括的な診療・ケアの提供を行い、平成29(2017)年度調査からは、患者さんの同意を得たうえでPMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)に報告されている健康状態・生活状況に関するデータを元に、全国の薬害HIV感染被害者の方に対する被害者救済の個別支援を行っています。

当時の深刻な被害を語り継ぎ、亡くなられた被害者の方々を追悼するため、「薬害エイズ裁判和解記念集会」が毎年開催され、今年で和解から24年となります。 今回の和解記念集会では、国会議員として薬害エイズ問題を追及し、裁判の和解実現に貢献した枝野幸男衆議院議員より講演が予定されています。

是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2020年3月20日(金曜日・祝日)14:00~16:00
会場:東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー6階
   ステーションコンファレンス東京 605ABC アクセス ▶

プログラム:
黙祷
献花
来賓挨拶
講演 枝野 幸男衆議院議員、立憲民主党代表
主催者挨拶

主催:東京HIV訴訟原告団/弁護団  大阪HIV訴訟原告団/弁護団
事務局:社会福祉法人はばたき福祉事業団

薬害エイズ裁判 和解24周年記念集会 ご案内(PDF 496KB)